• よくあるご質問
  • よくあるご質問

お客様からよく頂くご質問についてご回答致します。
その他、わからない点やご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問
  • Q1
  • 金属の種類は何がありますか?
  • A1
  • プラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド・シルバー等、種類は豊富に取り揃えております。
    また、純度もお選びいただけますので、ご相談ください。

    一般的にブライダルに使用する金属は、強度や耐久性などの理由から、プラチナ900・18金ホワイトゴールドが 主流です。
    最近ではカラーゴールドも人気ですので、18金ピンクゴールドや、イエローゴールド、二種類の金属を使用する コンビリングをお選び頂く方も増えています。
    お二人のライフスタイルやお持ちのジュエリーのお色味等考慮して選ばれると、 使いやすくずっと身につけやすいものになりますね。
  • Pt900 プラチナ、K18 ホワイトゴールド、K18、K18 ピンクゴールド
  • Q2
  • プラチナについて教えてください
  • A2
  • 『Pt900』という表記をご覧頂いた方も沢山いらっしゃると思います。
    これは、プラチナの純度を表していますので、 100%プラチナのみ使用しているものには、『Pt 1000』という表記が使われます。
    ではなぜブライダルリングではPt900や Pt950を目にする機会が多いのか?
    実は、プラチナ自体は厳密に言うと、『やわらかく粘り強い』という特質があるのです。そのために、あえて違う金属 (硬いもの等)を混ぜて耐久性や、強度を持たせているんですね。
  • Q3
  • ホワイトゴールドについて教えてください
  • A3
  • ホワイトゴールドとは、普通の金色をしたゴールドに白っぽい金属を配合することによって、銀色の金を実現したものです。
    やはり元が金色なので、プラチナと比べると、金色がかった銀色に見えくすんだように見えます。
    一般的には、その色味を隠す為にロジウムという白っぽい金属でメッキを施していますので、 時間が経つにつれメッキがはがれ、元々の金属の色味が出てきます。
    その為、『使っていたら、ホワイトゴールドは色が変わった』などと言われてしまうのです。

    ガラ おかちまちでは、メッキをせずにプラチナに近い銀色にする方法を自社で独自に開発しました。
    ホワイトゴールドを作る際に混ぜる白っぽい金属は、一般的に希少価値の高いパラジウムという金属を使用しています。
    ガラ おかちまちでは、このパラジウムをより多く混ぜることで、 メッキをかけなくても美しい銀色に輝くP.WGという金属をご提供しています。