結婚するふたりの賢い選択って、なに?
なぜ『ガラ』がこの価格で高品質なジュエリーを提供できるのか?
その秘密と『ガラ』のこだわりを紹介します。
結婚するふたりを応援します
経済環境が厳しくなる中、これから新しい結婚生活を迎えるお二人にとって本当に価値あるブライダルリングの選択が求められています。
ガラは、創業者の想いから生まれた「お客様に感謝される商いをしたい」という強い信念により起業されました。だからこそ、結婚する二人が幸せな新婚生活をおくれるように、常に品質の良いジュエリーをどこよりもお求めやすい価格で販売したいという経営理念を貫いているのです。
ガラは自社工場をもっているプラチナメーカーの直営ショップです
ガラはジュエリーの企画・製造・販売まで一貫して行っているジュエリーの総合メーカー直営のショップです。お求めやすい価格と高い品質、豊富なデザインを誇っています。
専属バイヤーによる海外買い付け
ダイヤモンドは海外で直接買い付けを行っています。当社は、GIAの資格をもったバイヤーが一つ一つ高いクオリティーのダイヤモンドを厳選して仕入れています。希少価値の高いダイヤモンドをどこよりも豊富に品揃えしております。
創業半世紀にわたる老舗メーカー
国内の自社工場で熟練した職人たちが、伝統的技法から最新の技術を用いて商品をつくっています。特にブライダルリングは、オーダーを受けてからお二人の指のサイズに合わせて、ブライダルリングとしてふさわしいつなぎ目のないリングを、一つ一つ丁寧に創り上げています。
宝石職人から身を立てた創業者 赤坂勝良は、その職人としての厳しい目で技術の開発に努力してきました。その伝統は今も脈々と受け継がれ、現在にいたっております。品質が高くお求めやすい価格に挑戦して半世紀、ガラは多くの皆様に愛され支持されております。

婚約指輪の賢い選択
ダイヤの大きさと価格
ダイヤモンドは同じグレードの場合、大きくなるほど価値は高くなります。たとえば、大きさが2倍になれば価格は4倍になります。
おすすめするダイヤのグレード
婚約指輪は一生もの。ダイヤのグレードは必ずチェックしましょう。
・カラット   0.3ct以上
・カラー    Hカラー以上
・クラリティー SI2以上
・カット    3EX(トリプルエクセレント)
このグレード以上であれば、
あとは価格を比べて賢く購入しましょう!
ダイヤの鑑定機関について
『GIA USA』『中央宝石研究所』
宝石商、プロが信頼している鑑定機関である『GIA USA』か『中央宝石研究所』の鑑定書をガラでは取り扱っております。特にGIAでは、鑑定されたダイヤモンドのガードルにシリアルナンバーが刻まれます。それは、ダイヤモンドと鑑定書が一体であることの証となるため、GIAは世界で最も信頼性の高い鑑定機関と言えるのです。
GIAの鑑定書とシリアルナンバー
ダイヤの鑑定機関『GIA』についてはこちら

結婚指輪の賢い選択
ガラのブライダルリングはすべてハードテックマテリアル
ハードテックマテリアルは、溶岩の特殊な成分により硬化処理され、硬度が格段に向上したガラ独自の新素材です。
地球の誕生は噴出する溶岩が固まり、水が発生し、生命の起源、人類の誕生、そして進化を重ね、現在にいたりました。結婚する二人の出逢いは、いくつもの偶然が重なった運命的なものなのです。二人の奇跡の出逢いを導いた―溶岩―。その成分からつくられたハードテックマテリアルは、二人の『固い絆と永遠の愛』にふさわしいマテリアルと言えるでしょう。
ガラ独自に開発した新技術ハードテックマテリアルは、通常の固さの約2倍の強度があり、永く使用してもほとんど変形しません。華奢なかわいいリングでも安心してお使いいただけます。
ハードテックマテリアルついてはこちら
着け心地の良い内甲丸
結婚指輪はいつも着けていて外すことがないから指なじみは大切です。リングの内側に丸みがあると、長く着けていても違和感がないのです。ガラのリングは着け心地の良い内甲丸でつくられています。
一般的なリングは指にあたる面が平面で角がある
ガラのリングは指にあたる面が曲面で指なじみが良い
ブライダルリングにはプラチナが最適
プラチナは、長年使用してもその純粋な白い輝きは変色しません。永遠の愛を誓うブライダルリングには最適なマテリアルです。また、その品性のある白い輝きは日本人の感性に合うのです。
ガラのこだわり
  • 技術のこだわり
  • バージンリング
  • ハードテックマテリアル
  • 賢い選択って、なに?
  • スイートメモリー
  • FCL
ご予約・ご成約特典 ご来店予約&ご制約で花嫁が身に着けると幸せになるというブルーダイヤの内石プレゼント!
ご来店予約のご案内
  • フォームにてご来店予約
  • お電話にてご来店予約

HOME > 賢い選択って、なに?

ページトップへ